2005年10月21日

<こころの日めくり>


「心が大事

勉強も大事だが

心はもっと大事

心がなくては

生きている意味すら

なくなってしまうから」

 

「どんな殺伐とした世の中にあっても

さわやかな瞳

さわやかな笑顔

さわやかな心を

失いたくない

荒地に咲いたコスモスの花のように」

 

これらの素敵な言葉は、観音寺住職の小藪実英(こやぶじつえい)という方の日めくりカレンダーから抜粋したものです。1ページごとにとってもきれいな絵が描いてあって(おそらく本人が書かれたものだと思います)、癒されます。

僕はトイレにこの「こころの日めくり」というカレンダーを置いて、毎日眺めています。

何度見ても深い言葉だなぁと感慨をおぼえます。実はもっと気に入っている言葉は他にあるのですが、買いたいと思っている人のために秘密にしておきます。

 

下にあるのは、小藪さんの本です。実は「心の日めくり」というカレンダーは本屋では売ってないようなんです。下記の本だけ探すことができました。

心に悲しみをもったとき  (小藪実英)

 

どうしても「詩画 心の日めくり」が欲しい人は下記までどうぞ。

〒620-0803  京都府福知山市観音寺1067 丹波あじさい寺中  

         あじさいの会事務局 様

今日のランキングは?

もういっちょランキング☆

人生を変える言葉をあなたに!あなたの心を熱くするメルマガの登録はこちら

トップへ戻る



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
音声メッセージ
私の音声が聞けます。


コメント